Python 3の動くRaspberryPi

スポンサーサイトです

スポンサーサイトです

では、GUI で制御できると。Tkinter というgui ライブラリを使うというもの。そのライブラリの中にButton ウィジェットというものがあり利用する。

モータードライバta7291を1つ使って、電源はPowerPackにした。いつものように、motorDriver-ta7291, to raspi gpio23, 24 & GNDにて。
下記の.py fileを読む。
—-
# coding: utf-8

import RPi.GPIO as GPIO

import tkinter as tk

GPIO.setmode(GPIO.BCM)

GPIO.setup(23, GPIO.OUT)

GPIO.output(23,GPIO.LOW)

def toggle():
GPIO.output(23, not GPIO.input(23))

btnfor = tk.Button(None, text=’FOR’, command=toggle)

btnfor.pack()

btnfor.mainloop()

GPIO.cleanup()

—-
そしてプログラムをrunすると・・・
FOR (wardのつもり・・)ボタンが現れる。それをclickすると、動き出す。速度調節はPowerPackにて。適当な時間後またclick すると停止した。
逆は・・・・REV (rsionのつもり・・)ボタンにて制御;
—–
# coding: utf-8

import RPi.GPIO as GPIO

import tkinter as tk

GPIO.setmode(GPIO.BCM)

GPIO.setup(24, GPIO.OUT)

GPIO.output(24,GPIO.LOW)

def toggle():
GPIO.output(24, not GPIO.input(24))

btnrev = tk.Button(None, text=’REV’, command=toggle)

btnrev.pack()

btnrev.mainloop()

GPIO.cleanup()

——
以上で・・Python3による・・・gui 制御と。後は組み合わせて,
自動制御とか。
うまく.py を書くと・・運転台擬きにできそう。わたくしの実力はここまで。


PDF

スポンサーサイト--to buy--

--to sell--
----

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする