Brass 軽工作した

スポンサーサイトです

スポンサーサイトです

温故知新的な工作。Greeceが既に歴史の役割は充分果たして終わりつつあるようにこれからの日本も衰退しつつある国だから、その衰退を最小限 に遅くするsustainabilityを考えないといけないと思っている。当頁の基本理念は 1-過剰なお金をかけない、2-使い捨てではなく後々まで使えることを旨とす、となっている。そのため、使い捨て文化の一端であるplastic成形製品 をなるべくさけている。というわけで、Brass軽工作を2題。
1-jnr, 下駄電風車輛の完成。真鍮製電車の車体を随分前に買っていた。この三枚窓が大好きな鉄道省時代の下駄電風;

台車には、古典的DT-13をはかせてtrailer車に仕立てた;

2-旧国鉄にあったような、内燃機関車の完成。これも真鍮製ed14だったかの中古車体。35mm軌間のtractionMotorをはかせた。 走行性能は抜群だが・・下がすかさかでまだ未完成;

3-荷物電車の巻;
とーーーても古い真鍮の作りかけがあった。まず錆落としは諦めて・・・エタノールで丁寧にこすり洗いした;

クモル23とか風だな。そして省電下駄電の色に塗った。駆動は、tractionMotorにして;

ついでにクモニ13風のplastic車があった。少し明るいけど。京成青電(=大好き・・)風な色に。plasticなので、トレーラーにしてクモルの後から走るという設定;


PDF

スポンサーサイト--to buy--

--to sell--
----

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする