Why Maerklin ?

スポンサーサイトです

スポンサーサイトです

HOゲージでかなり存在感を示しているMaerklin-模型、当modellbahnでも現在BedSize組立て式線路配置で楽しんでいる。さて・・ どのような長所があるか。

1-何より・・・3線式のmerit:
turnOut での gapなど必要としない。
2線式では面倒なreverse線路配置がおてのもの。
本物の鉄道と同じ方式なので、架線集電を使うとanalogでも2列車別系統の制御可能となる。
真ん中の線路?は鉄の鋲的な造りになっているので、
表: 三線路を示すため。でB>の部分がまんなか軌条;

裏;線路ジョイントは、B>としたのがまんなか軌条の接続端子になる。

3線式と言われなければ意外に気づかず気にならない。
2-家族代々の財産と言われるように・・・何より頑丈。
古いシステムと互換性があり、希望すれば・・
多くの機種でversionUpできるようになっている。
3-フランジが厚いので脱線しにくい。そのせいもあり、急曲線を通過できるように作られている。(日本ではこのフランジの厚さを嫌う愛好家が多いようにも思いますが・・・・・)
4-工作の楽しみは、客車・貨車の製作と、analog車輛をeBayなどで入手しdigital化すること。(機関車を自作するようにはなっていない。)


PDF

スポンサーサイト--to buy--

--to sell--
----

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする