Raspberry Pi 3Bによる運転

スポンサーサイトです

スポンサーサイトです

BlauBacksのRaspberryPiで学ぶ電子工作、というかPython使わないので、Scratchの記述の詳しいkindle本を参考書にして、動かしてみた、@16番ゲージ。
モータードライバta7291を2つ使って、電源を別にした。
1-motorDriver-ta7291, to raspi gpio24, 25にて。

おなじみのScratch1のguiが簡単。
—–
「緑旗」が押された時
(gpioserveron)を送る
(config24output)を送る
(config25output)を送る
(gpio24off)を送る
(gpio25off)を送る
(1)秒待つ
(forward)と言う
(2)秒待つ
(gpio24on)を送る
(180)秒待つ
(stop)と言う
(4)秒待つ
(gpio24off)を送る
すべてを止める
——-
で3分間、正方向に走る。速度は、パワーパック側で電圧制御と。

2-turnOutの動かし方。上図とおなじモータードライバに24, 25 に換えgpio18, 23 対とgndに接続。PowerPackは、12v必要だった。
—–
(スペース)バーが押された時
(gpioserveron)を送る
(config18output)を送る
(config23output)を送る
(gpio18off)を送る
(gpio23off)を送る
(1)秒待つ
(gpio18on)を送る
(0.2)秒待つ
(gpio18off)を送る
(2)秒待つ
すべてを止める
——————-
で片方へ。23も同様にすれば逆方向へと。時間的には、0.2sec pulseでよいようだ。以上のscriptを組み合わせて、問題なくうごいた。Y


PDF

スポンサーサイト--to buy--

--to sell--
----

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする